迷惑な広告表示!マルウェアを削除する方法について

この記事は4分で読めます

マルウェア削除方法

マルウェア(malware)とは、不正プログラム・不正動作を行う悪質のあるソフトウェアの総称。これは、フリーウェアソフトをダウンロードしてインストールするときに知らぬ間にインストールされる、パソコンに迷惑な広告表示をしたり動作の不具合をもたらすソフトのことです。

自分のパソコンに多くの問題があるように見せかけ、点検・修理を促して有料ソフトを購入させる点検商法系の迷惑なものです。ブラウザのアドオンとしてツールバーの表示を変えて、ブラウザにしつこく広告を出すものもあります。ウィルスのようですが、セキュリティソフトが入っていてもすり抜け防ぐことができません。インストール時に英語の表示に気付かず、自分で同意したりチェックを入れたりして許可しているからなのです。

 

不幸にも海外のフリーウェアをインストールしたときに入られてしまいました。
インターネットを開くと開く度に次々と「パソコンの診断が必要です」「お使いのPCのパーフォーマンスが低下しています」「パソコンがクラッシュ寸前です」としつこく毎回表示されバナーを押すよう誘導されます。確かにこんなバナーが出ると、パソコンが壊れてしまうかもしれないと不安になると思いますが、そこがこのソフトの狙いなので引っかかってはいけません。

 

コントロールパネルのプログラムと機能を見ると実に多くのソフトがインストールされていました。
hao123
Reimage repair
PC Power Speed
SearchProtect

一刻も早く迷惑なソフトを削除したいと思います。

 

 

◆プログラムからアンインストールする

Windowsの[タスクマネージャー]から該当のプロセスを強制的に終了します。

下のバーを押し、[タスクマネージャーの起動]をクリック

タスクマネージャーの起動

 

説明の部分にソフト名が出ます。例えば [PC Power Speed] など。出ていたら全部 [プロセスの終了]で強制的に終了させます。

タスクマネージャー

スタート ⇒ [コントロールパネル] ⇒ [プログラムと機能] から該当のソフトを選択して、右クリック ⇒ [アンインストール]をクリックする

これでアンインストールできればいいのですが、中にはコントロールパネルのプログラム一覧に出ない場合・または削除できないものもあります。

その場合は、[コンピューター] ⇒ [Program Files] ⇒ ソフト名 ⇒ [uninstall.exe] をクリックして実行する

 

それでも消えない場合は、下記のソフトをインストールして削除しました。

 

◆ソフトを使ってウィルスを駆除する

 

◆CCleanerのインストール

CCleaner : http://www.piriform.com/ccleaner/download
作成者:Piriform Ltd. http://www.piriform.com/

cclearの使い方

①CCleanerを起動して、[ツール(T)] ⇒ [インストール情報] ⇒ソフトを選択 ⇒アンインストール(I) で削除します。

②メニュー⇒ windows[クリーナー(C)」⇒ [解析(A)] をクリック
※このとき、ごみ箱のファイルやらインターネットの履歴などすべてクリアーになるので注意。私は問題ないのでそのままクリーンアップへ。

解析後 ⇒ [クリーンアップ開始(R)]をクリック ⇒ 実行 ⇒OK

③メニュー⇒ windows[アプリケーション] ⇒ [解析(A)] ⇒ [クリーンアップ開始(R)]をクリック ⇒ 実行 ⇒OK

メニュー⇒ [レジストリ(G)」⇒ [問題点をスキャン(S)] ⇒解析終了後に [問題点を解決(F)]をクリック
※このとき、レジストリのバックアップを取っておく

 

◆無料版 Malwarebytes Anti-Malware Free のインストール

Malwarebytes Anti-Malware Free: ⇒ https://www.malwarebytes.org/downloads/

作成者:Malwarebytes社 http://www.malwarebytes.org/

マルウェアアンチウイルスの使い方

①インストール後、インストーラの実行ファイルを右クリックしメニューから [プロパティ] を選んでデジタル署名を確認します。

②起動後、[セットアップに使用する言語の選択]ウィンドウで、[日本語] を確認し[OK]をクリックする。

※インストール作業が完了した直後のウィンドウで、[Malwarebytes Anti-Malware Premium版の無料トライアルを開始する] オプションのチェックマークを必ず外すこと。

③メニュー [スキャン] ⇒ [脅威スキャン] ⇒ [今すぐスキャン]
※無料版は脅威スキャンとカスタムスキャンしか選択できないようです。最初は脅威スキャンを選択します。
※左メニュー[検出と保護] にある [アーカイブ内をスキャンする] のチェックマークを外すとスキャン処理の時間が減りますが、初めてはそのままで使用します。

④バーが出てスキャンが始まります。終わるまで少し時間がかかりますがそのままにしておきます。
検出されたら[処理を適用]で隔離します。

※隔離されたものはメニューの履歴から削除で完全に消すことができます。悪質なものとはっきり判断してからでいいと思います。

◆AdwCleaner のインストール

AdwCleaner:https://toolslib.net/downloads/viewdownload/1-adwcleaner/

作成者:Xplode http://general-changelog-team.fr/en/

AdwCleaner

①起動中のプログラムを停止させる
②ソフトを起動すると、使用諾契約が表示されますので [I Agree] をクリックします。
③AdwCleanerを起動後、[Scan]でパソコンのスキャンを行います。

バーの上の文字が、Waiting for action.Please uncheck elements you want to keep.となったらスキャン終了です。
④検出されたら、除去するために[Cleaning]をクリックします。
※削除を希望しない項目がある場合は、左欄にあるチェックを外します。

④再起動して検出項目の削除が完了します。

 

 

◆ブラウザを起動し、書き換えられた検索エンジン・ホームページ設定を直す

ウィンドウ画面右上の歯車のマークをクリック [アドオンの管理] ⇒ [ツールバー] や [検索プロバイダー] や [アクセラレータ] に先ほど消したプログラムの残骸がないかチェックし、表示されていたら削除する。

 

◆Internet Explorerの検索エンジンBingを削除してGoogleを設定する

ここで消す順番を間違い、Bingだけを残してBingを削除できなくなってしまいました。検索プロバイダーは絶対に1つは選択しなければいけない設定なので消すためには2つ必要だったのです。
検索設定をGoogleにする例で設定していきたいと思います。

 

①ウィンドウの一番下にある[追加の検索プロバイダーを検索]をクリック

bing削除前

②Internet Explorerのギャラリーサイトに飛びます

③下部 [アドオン]タブからGoogleを選択して [追加] をクリック

④これで2つになったのでBingを削除できます。
Googleを選択してから右下の[既定に設定]をクリック ⇒ Bingを選択して[削除]する

bing削除

 

Googleを選択して左下の[プログラムによる既定の検索プロバイダー変更の提案を禁止]
[新しいタブページのアドレスバーと検索ボックスで検索する]にチェックを入れる

google追加

これで完了です。

上記で紹介したソフトを使用しても完全に除去できないプログラムも多いと思います。
普段からダウンロードするときには、信頼できるwebサイトからのみ行い、特に無料とつくものにはより慎重に扱わなければなりません。
ダウンロード前にバックアップやシステム復元ポイントを作っておくのが特に重要だと実感しました。

とりあえず退治できたのかそれ以降エラーは出ていません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. jp1
  2. フォルダのプログラムエラー
  3. m
  4. 8-1
  1. この記事へのコメントはありません。

このブログについて

はじめまして♪ みるくです。 イラストレーター、フォトショップなどのデザイン・PC関係を中心に、必要なことを忘れないように思いつくまま書き綴っていきます。 映画、本など日常のこともたま~に語ります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る